MENU
What's New
航空機
艦船
車輌
宇宙機
大砲
ミサイル
ロボット
旧日本軍の兵器
自衛隊の装備品
ドイツの秘密兵器
アジア各国の兵器
特撮メカ
アニメメカ
最新技術リンク
その他のリンク
インフォメーション
いろものメカ雑記帳

Strange Mechanism Museum - Neo -
日本向けインフォメーション

2006年5月7日 改定.


スポンサーサイト
 Amazon.co.jpアソシエイト
オンライン書店
amazon.co.jp

オンライン書店
ビーケーワン

オンライン書店
楽天ブックス

Strange Mechanism Museum 館長 佐原 晃とは?

 そも佐原晃とは何者か? この様なWWWサイトを創ってしまう男だから、無類のメカ好きである事はいうまでもない。しかし他人と少し違っていたところは、変なメカが異様に好きだったことである。
 ITCメカウルトラメカ啓蒙され、初めて造ったレシプロ機のプラモ「タミヤの震電」で道を踏み外し、エレールのMe163B コメートいろもの街道まっしぐらの道を突き進んだのであった。
 こうして後年Nifty-Serveの某フォーラムにおいて、「今日のいろもの」という変なメカを紹介するコーナーを繰り広げ、その後コミックマーケットにおいて「Crazy Birds DELUXE」という某出版社の某書籍の参考文献(他人、それをパクリと呼ぶ)にまで取り上げられた、いろものドイツ機同人誌を執筆した張本人でもある。
 現在はプロのライターを生業としており、

>イカロス出版 ミリタリー選書 No.14
日本陸軍の試作・計画機 1943 - 1945
航空技術の戦い


を出版。以下、続巻を検討中である。

 雲海の覇者 渡洋爆撃機「富嶽」極北大作戦にて、遂に念願の作家デビューを果たす。

ライター家業の近刊としては、


佐原晃の仕事 

ジャパンミックス社刊「3D Graphic & Animation」Vol.2 : 奇想機械甦生計画第二回 【伊号四〇〇型潜水艦】解説記事
B-Club編集部刊 「プロジェクトガガガ・コンプリート」 : 試験に出るガガガ要語集
ケイエスエス出版刊 「Astounding Anime Abstract ガオガイガー
コンバットコミック季刊第5号巻頭特集記事「解説:日本軍の計画機(戦闘機篇)」
コンバットコミック季刊第6号「遮蔽海面の狼火」原案
辰已出版刊 検証・第2次ウルトラブーム 「帰ってきた帰ってきたウルトラマン」
コンバットコミック季刊第7号特集記事「解説:日本軍の計画機(爆撃機篇)」

コンバットコミック季刊第7号「異形三矢の鵬翼」原案
コンバットコミック季刊第8号特集記事「解説:戦艦大和」
辰已出版刊 検証・第2次ウルトラブーム 「タロウタロウタロウウルトラマンタロウ」

Koyo NOVELS刊 雲海の覇者 渡洋爆撃機「富嶽」極北大作戦

ケイブンシャ刊 「東京ロボット新聞」第2号 勇者王ガオガイガー・ファイナルと、地球防衛企業ダイ・ガード関連記事
コンバットコミック季刊第9号特集記事「解説:ミッドウェー海戦」

辰已出版刊 科学忍者隊ガッチャマン本 「誰だ!! 科学忍者隊ガッチャマン」

コスミックインターナショナル刊 伊九九潜・魔海戦域

辰已出版刊 検証・第2次ウルトラブーム 「僕らのウルトラマンエース」

辰已出版刊 検証・第2次ウルトラブーム 「心にウルトラマンレオ」
辰已出版刊 ウルトラセブン検証本 「ウルトラセブンISM」
双葉社刊 超精密「3D CG」シリーズ9 「WORLD WAR II 第二次大戦 大空戦」 日独伊英米仏ソ7カ国58機の戦闘機が世界を舞台に繰り広げる大空の戦い (日本試作機、ドイツ機、レシプロ戦闘機の基本構造解説文担当)
バンダイビジュアル 『THEビッグオー second season』 第3巻 ライナーノート レコード店などで発売中!
辰已出版刊 ウルトラマンコスモス検証本 「ウルトラマンコスモスISM」

辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.1 円谷超兵器カタログ Vol.1 ガッツウィング1号

辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.2 円谷超兵器カタログ Vol.2 MJ号&マイティ号
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.3 円谷超兵器カタログ Vol.3 ピーパー&ガッツディグ
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.4 円谷超兵器カタログ Vol.4 バッカスIII世号
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.5 円谷超兵器カタログ Vol.5 スペースマミー
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.6 円谷超兵器カタログ Vol.6 合体電人ゴッドゼノン
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.7 円谷超兵器カタログ Vol.7 ジャンボフェニックス

辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.8 円谷超兵器カタログ Vol.8 バモスT世&バモスU世
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.9 円谷超兵器カタログ Vol.9 ピースキャリー
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.10 円谷超兵器カタログ Vol.10 Mydo スカイフィッシュ
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.11 円谷超兵器カタログ Vol.11 MLRSバイソン&GBTスティンガー
辰已出版刊 ウルトラマンAGE Vol.12 円谷超兵器カタログ Vol.12 シーマリン号

イカロス出版刊 MILITARY CLASSICS Vol.10 紫電改の特集記事の、雷電,五式戦,疾風についてのコラム

英知出版 映画「ULTRAMAN」検証本 「ULTRAMAN STYLE」
辰已出版刊 ウルトラマン80検証本 「君はウルトラマン80を愛しているか」 書店発売中!

イカロス出版 ミリタリー選書 No.14
日本陸軍の試作・計画機 1943 - 1945
航空技術の戦い


Strange Mechanism Museumの目的と理念

 このWWWサイトは、メカマニアによる、メカマニアのための、面白いメカ変なメカ興味深いメカ仮想博物館を目指して作成しております。館長である私、佐原晃が現状において航空関係に強い軍事ライターであるために軍用航空機の博物館近い物になっておりますが、当館は決して航空宇宙関連軍事方面が中心なのではなく、面白いメカなら何でも取り上げていくグローバルな性格の物です。
 肝心な事は、古来より現代に至るまでの人間が造り、そして創り、培って来た科学技術発想。それに関する事実を、客観的検証する事です。55年前の戦争に関しても、
客観的な視点での検証に徹する博物館日本にほとんど存在しません
 我がStrange Mechanism Museum - Neo - は、現代日本”主観的に戦争や軍事をとらえる博物館”アンチ・テーゼとして、あくまで技術史的な事実追求する博物館です。

 従って極力、メカに関する画像データ情報掲載し、低速モデムのユーザーや、ヴァージョンの低いNetscapeやInternet Explorerのユーザーの方々にも幅広くご覧になっていただくのがこのWWWサイトの目的ですので、GIFアニメJAVAスクリプトと言った様な最近はやりのエンターテイメント的な仕掛けは、必要な場合を除き極力使用しない事にしています。

 当館はコンテンツ中で、特殊なリンク形態使用しております。"Go to XXXX"や、表組み中の"Link Web Page"の下に用意されているリンクは、他者のホームページのコンテンツリンクしています。
 これはインターネットの検索エンジンでも見つからないような、様々な面白いメカ変なメカに関する有益な情報交通整理をする意味で、下記に相当する公共機関メーカーを除いて、相手方の了解を極力取った上で使用しています。これらのリンククリックした時は、他者のホームページへ行っちゃいますのでお気をつけください。

 ここは人の造りし物と、「人の創りし物」の面白さ、破天荒さを追求する為のWWWサイトでありますが、それと同時に「人が造ってしまった愚かなる物」もありのまま紹介する事を目的としております。従って、我々日本人が眼を背けたくなるような特攻兵器核爆弾に関しても、科学技術的な事実を紹介していく事にしております。


Strange Mechanism Museumの著作権に関する指針

 1).おもちゃや模型などの箱絵など、商品パッケージに関しては、遠慮がちではあるが使用する(メーカー名は画像データの側に記載する)。

2).たとえ書籍等に掲載されている写真であっても、出所が公共機関(USAF,NASA,自衛隊,博物館など)や製造メーカ(ロッキード,ボーイング,三菱など)ならば使用する(当然公共機関名、製造メーカ名は画像データの側に記載する)。

3).個人や出版社が撮影、描画した写真、図版については、極力撮影者や制作者に連絡をつける。個人のホームページのコンテンツに直接リンクする場合も、極力開設者に連絡をつける。

4).当ホームページが使用した画像データやリンクに関して、クレームが発生した場合は、すみやかに対応する(最悪の場合、クレーム対象の画像データやリンクを削除する)。

クレームの際の連絡先 :


リンクと転載に関して (絶対読んでね!)

 このWWWサイトへのリンクについては、基本的に自由ですが、作者へのE-Maleがないとあまりにもさびしいので、出来ますれば一言でいいですし、事後でかまいませんからE-Mail願います。なお、ついにバナーのようなものを作成しましたので、使えるようなら使ってください。


リンク用バナー

 このWWWサイトに掲載している画像データを転載したい場合は、すいませんがE-Mail願います画像データによっては、協力者著作権のある物も掲載していますので、無断転載は一切禁止します。

 雑誌などへの当WWWサイトの掲載につきましては、確実にE-Mail願います


 当WWWサイトでは、一部地域でしか見られない自衛隊の装備(雪上車、T2−CCV、ミサイル艇など)日本各地に散らばる旧日本軍の兵器試作機実験機の写真外国で撮った面白いメカの写真身の回りの面白いメカに関する写真図面コンピュータ・グラフィクスなどを広く広く一般募集しております。

「Strange Mechanism Museum - Neo -」では、
貴方の街の面白い重機を大々的に募集しています。ビッグワンダー水陸両用ブルドーザー超重量物運搬トラクターアルキメディアンスクリュートラクターなどなど、街や旅行先で見かけた面白い重機の写真をお持ちの方がいましたら、ぜひぜひこちらまでE-Mail願います。

募集要項

 1).めずらしいメカや、面白いメカ、貴重なメカに関する写真、図面、コンピュータ・グラフィクスなどをお願いします。
 2).写真、図面、コンピュータ・グラフィクスなどに関し、著作権、機密に関する一切の問題がない物をお願いします。
   (雑誌からの写真、図面等の転用は、著作者の許可を貰って下さい)
 3).協力してくださる方は、当HOMEPAGEにお名前を掲載いたします。
   (これは著作権侵害の防止や、機密漏洩防止の意味も含んでいます)
 4).掲載するお名前に関しペンネーム等は可としますが、当方に画像データを送付する際に、氏名、住所、メールアドレスと、簡単な画像データに関する解説をE-Mail願います(E-Mailに連絡先と氏名の明記されていない画像データは、どんなに貴重な物でも一切使用いたしません)。
 5).申し訳ありませんが、送られて来た画像データのジャンルによっては使用しない事もあります(下記参照)。

 とまあ小難しい事を書きましたが、要は全体のコンセプトに統制を欠きたくない事と、著作権の侵害には出来るだけ配慮したいという事をご理解いただきたいと思います。

 とにかく、日本にはまともなメカや兵器に関する博物館が少ない。それならインターネット上に創ってしまえというのがこのホームページの趣旨です。ホームページならば、もはや現存しないメカや、形にすらならなかったメカ、海の向こうにしかないメカも、画像データさえあれば収蔵できるなあと思い立ったのがこのWWWサイトの始まりです。サイバースペース上にまともなメカや兵器に関する博物館を皆さんいっしょに作ろうではありませんか!
 というわけで、ご協力よろしくお願いします。

 当WWWサイトの趣旨に賛同してくださる方で、画像データを提供してくださる方は、とりあえずE-Mail願います。また、「面白いメカを掲載しているWWWサイト」には、どんどんリンクを張って行きたいと考えていますので、「面白いメカを掲載している他人のWWWサイト」に関しての情報もお待ちしております。どしどしE-Mailください。

 現在「SFと特撮メカのページ」、「アニメメカのページ」につきましては、如何にして著作権をクリアするかについて思案中です。各制作会社の協力が得られれば、いろいろ掲載出来る物はあるのですが・・・。もしこの問題をクリアにした経験のある方がいらっしゃいましたら、お手数ではありますがE-Mailしてください。よろしくお願いします。 また、「SFと特撮メカのページ」、「アニメメカのページ」につきましては、リンク情報もお待ちしていますので、E-Mailください。よろしくお願いします。


画像データ協力

 現在の所、このHOMEPAGEは、次の皆様の画像データ提供により作成されています(敬称略)。

青井邦夫,安達祐章,足立泉,AYA-01,飯野剛弘 ,笠原俊夫,神北恵太,神谷直彦,木部智月、小柳篤司,佐々木和哉,砂亜認,林 譲治、HAYATE-00, 渡邉和也、Jimmie R. Mitchell,Jonathan Tickle, JC CARBONEL、THUD

Air Combat Maneuver,Torpedo Models, S.S. Kurt Eggers

Special Thanks ! 定吉九番


参考文献 (このHOMEPAGEは以下の文献を参考にして、作成されています)

自衛隊装備年間1999(朝雲新聞社刊),自衛隊装備年間1997(CD-ROM版 : 朝雲出版社刊),自衛隊装備カタログ(KKワールドフォトプレス社刊)
海上自衛隊艦艇と航空機集・平成5年度版(海上自衛新聞社刊)
海上自衛隊艦艇と航空機集・平成9年度版(海上自衛新聞社刊)
PANZER各号
戦車マガジン各号
世界の装輪装甲車カタログ(アリアドネ企画)
US MILITARY TRACKED VEHICLES (FRED W. CRISMON)
US MILITARY WHEELED VEHICLES (FRED W. CRISMON)
HELICOPTERS and other Rotorcraft since 1907 ( Blanford Press LTD )
日本軍実戦兵器(銀河出版社刊),日本陸軍兵器集(KKワールドフォトプレス社刊),日本の戦車・上下巻(出版共同社刊),帝国陸海軍の戦闘車輌(戦車マガジン社刊)
陸戦兵器総覧(図書出版社)
日本海軍軍用機集(グリーンアロー出版社刊), 日本陸軍機全集(文林堂刊),日本海軍機全集(文林堂刊),日本陸軍キ番号カタログ(文林堂刊)
幻の秘密兵器(広済堂)
日本陸軍の計画物語(航空ジャーナル社刊)
別冊1億人の昭和史 兵器大図鑑 日本の戦史別巻5(毎日新聞社刊)
かかみはら航空宇宙博物館ガイドブック(かかみはら航空宇宙博物館刊)
ENCYCLOPEDIA OF GERMAN TANKS OF WORLD WAR TWO (大日本絵画刊)
ドイツ空軍秘密兵器・ジェット機編(並木書房近日刊行予定)
WARBIRD TECK SERIES 各号 (SPECIAL PRESS)
日本補助艦艇物語(光人社刊),日本軍艦史(海人社刊),大日本帝国海軍主要艦艇150(世界文化社刊),戦艦入門(光人社刊)
U.S.AIRFORCE AIRCRAFT 1945-1986(文林堂刊)
U.S.NAVY & ARMY AIRCRAFT 1945-1987(文林堂刊)
MILITARY AIRCRAFT各号(デルタ出版刊),航空ファン各号(文林堂刊), Aircraft各号(同朋舎出版刊)
第2次大戦イギリス軍用機の全貌 (酣燈社刊)
LES AVIONS DE COMBAT FRANヌAIS 1944 - 1960 (Jean CUNY)
世界の駄っ作機(大日本絵画刊)
世界の傑作機各号(文林堂刊)
AIRCOMBAT各号(文林堂刊)
最新軍用機図鑑(徳間書店刊)
In Action Series (Squadron / Signal Publications)
Naval Fighters Series 各号
THE OSPREY ENCYCLOPEDIA OF RUSSIAN AIRCRAFT 1875-1995
The Dream Machines (KRIEGER)
SPACE SHUTTLE (Denis R. Jenkins)
最新宇宙飛行論(学研)
THE WORLD'S STRANGEST Aircraft (SMITHMARK)
AVIATION PIONEERS 1 RESEARCH AIRCRAFT 1891 - 1970 X-PLANES (Hugh W. Cowin)
AVIATION WEEK各号
AIR Enthsiast各号
Northamerican XB-70 Valkyrie (TAB Aero Vol.30)
Yakovlev's V/STOL Fighters (Aero Fax)
SARO A/1 FIGHTER FLYING BOAT (Richard P. Bateson)
CANADA'S FLYING SAUCER (Bill Zuk)
JAPAN'S WORLD WAR II BALLOON BOMB ATTACKS ON NORTH AMERICA (Robert C. Mikesh)
Town Mook スーパー・ビジュアル・スペシャル4 ITC SF メカ・グラフィティ− (徳間書店刊)
サンダーバード大百科(学研刊)
コロタン文庫104 最新版ゴジラ怪獣全百科(小学館)
U.W.W.ウルトラシリーズ超兵器の世界(ホビージャパン社刊)
ファンタスティックコレクションNo.46 ウルトラマン/ウルトラセブン スーパーマシン・ファイル(朝日ソノラマ刊)
宇宙船別冊 不滅のヒーローウルトラマン白書第2版(朝日ソノラマ刊)
テレビマガジン特別編集ウルトラマンティガ(講談社刊)
テレビマガジン特別編集ウルトラマンガイア(講談社刊)
GUNDAM CENTURY (樹想社)


製作者への電子メールは、右記アドレスまで :